自動車保険の特約!運転者限定のシステムとは

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険と言われることがあり、運転する場合は必ず加入しなければなりません。任意保険は、任意とはなっていますが、ドライバーのほとんどが加入している保険となっています。
任意保険には、様々な保険内容が含まれており、基本的な補償の他に特約を付帯することができます。保険会社によって種類は異なりますが、割引サービスとなるものがあるのです。その代表的なものが、運転者限定システムとなっています。
これは、運転する者を限定して契約することで、保険料を安く抑えられるシステムです。限定する種類は、色々あります。
例えば、本人型というものがあります。運転者を本人のみにすることで、割引率を高くすることができるものです。ただし、被保険者本人以外の者が運転した場合、補償されることがありません。赤ちゃん08
夫婦型というものもあります。被保険者と、その配偶者のみが対象となる保険のことを指します。他の家族や他人の運転の場合は補償がないものです。
最後に、家族型というプランもあります。被保険者と同居する家族であれば、補償を受けられるというもので、別居の子も含まれることがあります。子どもの年齢によって、割引率が変わることもあります。