家族限定における「家族」の定義とは

自動車保険の中でも任意保険の場合、様々な割引特約を付加することができます。運転者を限定することで、保険料を安く設定することができるシステムです。多くの人がこの特約を利用しており、保険料を抑えるように契約しています。
この運転者限定システムには、家族限定型というものがあります。その内容について、詳しく紹介していきます。どの範囲まで補償を受けることができるのか、解説します。
まずは保険に加入している被保険者は対象となります。その配偶者も対象と見なされ、補償を受けることが可能です。内縁状態でも可能な場合があります。赤ちゃん12
被保険者あるいは、その配偶者の同居の親族が対象となるタイプもあります。この親族の定義は、保険会社のシステムによって様々です。一般的に、一つの建物に一緒に暮らしている親族を指し、6親等内の血族や3親等内の姻族を意味します。
さらに、別居している未婚の子が含まれるタイプもあります。家を別にしている、婚姻していない子どもが対象となるものです。
同居の親族については、同一の建物内で二世帯住宅の場合は、範囲内と判断されます。しかし、同一の敷地内で二つの建物で暮らす場合は、範囲外と判断されます。この点に注意して、特約を付帯します。

Comments are closed.