走行距離の判定方法

自動車保険の中には走行距離に応じて保険料が決まるものもあります。あまり運転をしない人はその分運転によるリスクが低いため、保険料が安くなります。そのためこのタイプの保険では、自分が年間でどのくらいの距離を走るのかを予想し、申告しなければなりません。
距離を出すのには、ぴったりと同じである必要はありません。毎日どのくらいの距離を走っているのか、月に何度くらい給油しているのかを目安に割り出すのが効果的です。定期的に点検を行っている人であれば点検記録簿などに距離が表記されているので、それを見て計算するのが手っ取り早いです。
ちなみに毎日通勤や通学で車を使用しており、どこかに出かけるときには車を使うという人の平均は、年間で8000キロから1万2000キロほどです。サンデードライバーの人や一定の条件下でしか使わず、月に1度も給油しない人は3000キロ以内である場合が多いです。距離が平均よりも長くなる人は、きちんと計算してなるべく短い距離で申請できるようにした方が保険料が低くて済みます。赤ちゃん15
保険料が抑えられるからと言って、虚偽の申請をするのは厳禁です。実際に事故に遭ったときにあらかじめ申請してあったものと全く違う距離だった場合、保険金が下りないこともあります。

Comments are closed.