実際に走った距離だけ支払う保険の内容とは

自動車保険の中には、車で走った距離の範囲によって保険料が変わるタイプがあります。走行距離が短ければ保険料が安くなり、長ければ高くなる仕組みの保険です。最近人気がある保険となっており、通販型自動車保険に多く見られるタイプとなっています。
そのシステムは、1年間に走るであろう距離を予想し、申告して契約するというものです。予想走行距離を申告する保険会社もあれば、過去1年の走行距離を申告するタイプの保険会社もあります。この際、虚偽の申告をしていれば契約違反になることがあります。
1万キロ走る人が5000キ赤ちゃん16
年間走行距離の範囲については、保険会社ごとに設定が異なります。細かく分類されている場合もあれば、大きな距離で分けられていることもあります。万が一走行距離が申告した距離より長くなった場合は、すぐに報告すれば問題ありません。
今後1年間で走る距離に関して判断できない場合は、カーナビを利用して、実際走行した距離を申告すればいいです。余裕を持った方が安心できますし、色々な機器を利用すれば参考にすることができます。

Comments are closed.