運転者限定が可能な保険と不可能な保険

運転者限定はその車を運転する人を限定することで、保険料を抑えられるシステムです。車を運転するのが家族だけであれば家族だけに限定できますし、自分しか運転しないのであれば自分の年齢などで限定することも可能です。運転者を限定をしていると、限定条件から外れている人が運転して事故を起こした場合は補償がされないので注意が必要です。
運転者が限定できるのは任意保険だけです。任意であればほとんどのもので運転者を限定できます。限定の仕方は主に契約者との関係や、契約者の年齢などです。
注意しなければならないのは、家族の定義です。こういった契約の場合の家族とは、同じ家に住んでいて1つの生計の下で生活している人のことを言います。赤ちゃん10おこ
結婚や就職で家を出ている人は血がつながっていても家族にはならず、血の繋がりがなくても同じ家に住んでいれば家族と見なされます。ただし近年では血族上の親族であれば、家族と見なすものも出てきています。
任意では運転者を限定できますが、自賠責では運転者を限定できません。自賠責は自分のためではなく、相手のある事故を起こしたときに賠償をするためのものです。運転者を限定したことによって、お金が貰えなければ本末転倒のため、特別な場合を除き誰が運転していても限度額まではお金が下りるようになっています。

Comments are closed.