走行距離を少なめに申告した場合

自動車保険に最近多く見られる特徴として、走行距離に応じて保険料が変わるという仕組みがあります。ダイレクト型自動車保険に多いサービスで、短い距離になるほど事故の確率が低くなり、保険料が割引になるという特徴があります。
日頃あまり運転しないという人は、こうした細分型を選択した方がお得になることが多いです。しかし、長距離走行が多いという人は、割高感がある保険とも言えます。
このタイプの自動車保険は、加入申し込みをする際に走行距離を申告することになります。どういう方法で走行距離を決めるかは、保険会社ごとに違ってきますので、事前に調べておくといいです。赤ちゃん17
前年の1年間の走行距離を申し出るやり方が一般的です。しかし、あくまで自己判断となりますので、誤差が生じる場合があるのです。
実際に走行しそうな距離より少なめに申し入れた場合、その距離をオーバーした時点で早めに修正してもらうのが正しいやり方です。できればオーバーしそうになる前に相談するのが適切です。担当者の方に修正方法を聞き、手続きを踏むようにします。
もし手続きをせずに放っておくと、事故を起こした際に補償されなくなってしまいます。保険金を受け取れなくなれば、自己処理や賠償金などを自己負担することになるので要注意です。

Comments are closed.