申告距離を超えた場合!少なかった場合

最近の自動車保険市場を見ていくと、様々な商品が売られていることが分かります。以前は、保険外交員と対面式で契約を結ぶ自動車保険が一般的でした。しかし最近では通販型自動車保険が流通しており、加入率も高まっているのです。
人気の理由は色々考えられますが、走行距離に応じて保険料が決まるシステムがうけています。通販型の多くは、あまり走行しない人の場合に保険料を割引する制度を取り入れています。
運転する頻度が少ない人でも、自動車保険へは加入する人が多いです。しかし、毎日のように運転しない人の場合は、保険料を高く感じる人が多かったのです。車を使う回数が少ない人にとって、このシステムは魅力的と言えます。赤ちゃん14
ただし、加入する際には注意すべきことがあります。事前に走行する距離を申告して加入するのですが、時と場合によっては相違することがあり、その時にはすぐに対応しなければならないのです。超過してしまった場合には、加入している保険会社へ連絡し、報告する義務があります。
会社によって異なりますが、追加の保険料を支払うことで解決するケースが多いです。追加徴収なしで、翌年から保険料が上がる場合もあります。
逆に申請したものより短かった場合は金額換算してくれます。更新後の保険料から割引するサービスを行うところがあります。

Comments are closed.